介護ストレスについて考えてみましょう

 

介護ストレスとは

 

介護を行なっている立場の人(ご家族やヘルパー等介護職)が感じるストレスを介護ストレスと言いますが、中でもご家族の方が自宅でおこなう在宅介護は、介護ストレスの割合が非常に高いと言われています。

 

24時間年中無休で介護をされるご家族の方は『今の介護がいつまで続くかわからない』という不安感を持たれたり、『常に心身の疲労感が抜けない』という状態になってしまうことも少なくありません。

 

昔は介護の平均期間は約半年といわれていましたが、医療技術の発達等により現在は、10年以上介護をされる方も増えてきています。

 


少しだけ考え方を変えてみませんか

 

                            今までの考え方

 

        ・介護は自分、家族の責任なので他人に頼らず、身内でなんとかするべき  


        ・ヘルパーや施設に介護を頼むと、周りから冷たいと思われてしまう


        ・ご近所には介護をしていることをなるべく知られたくない

                     

                               

                            これからは

 

        ・家族の介護は3年が限界といわれています。この長寿国で昔通りご家族だけで
         お年寄りのお世話をしていたら、介護者のほうが先にまいってしまいます。

 

        ・ヘルパーや施設など家族以外に介護を依頼するのは、高齢者に対する愛情が無い
         のではなく介護をする方の心身の健康をための当然の権利です。

 

        ・高齢化社会が進み日本では、介護を行なうことはますます当たり前のことになって
         いきます。

 

 


介護ストレス解消法

 

 介護をする方が心身ともに元気でいられる方法を考えましょう!!

 

     @ 介護記録をつけましょう

         ・書くことにより自分を違う角度から冷静に見ることができます。
         ・お年寄りの心身の変化がよくわかります。

 

     A 無心になれる趣味を持ちましょう

         ・介護のことを忘れられる時間をつくりましょう。

 

     B 家族、親戚等に積極的に介護の大変さを伝えましょう

         ・家族などまわりが協力、理解してくれるかで介護の大変さが大きく変わります。

 

     C 旅行は介護をする方の必須アイテム

         ・日常とは違う景色を眺めることによりストレスが解消できます。

 

     D とにかく誰かと会話をしましょう

         ・グチを聞いてもらうだけでも気分が変わります。

  

     E 介護保険を上手に利用しましょう

         ・介護保険ご利用後に『もっと早く介護保険を利用しておけば良かった』という感想を
          お持ちの方が多くいらっしゃいます。

 

         *介護保険は『介護は家族の問題ではなく社会の問題であり社会全体で支えていく』
           いう理念のもとに導入された制度です。


          『家族以外の人の手を借りるのは余程の時だけ』という感覚を捨てましょう。

 

     F 地域包括支援センターや介護者の会に相談してみましょう

         ・高齢者の支援のために、各自治体に地域包括支援センターが必ず設置されており、
          相談を受け付けています。

 

         ・各地で介護者の会が活動をしています。同じ立場の方がお話をしながら、情報交換や
          お悩みを解消しています。

      

                     → 上尾市介護家族会

                 → 認知症の人と家族の会

              → 埼玉県在宅介護 家族会一覧

              → NPO法人介護者サポートネットワークセンター ・アラジン

 

              

 


 

▲このページのトップに戻る